その事故、あなたのせいではないかもしれません ~ 東京の弁護士が、製品事故の解決に真面目に取り組んでいます。

弁護士紹介

  • HOME »
  • 弁護士紹介

弁護士・イリノイ州弁護士 伊藤崇

(弁護士法人 東京パブリック法律事務所)

パロマ湯沸かし器死亡事故などの社会的耳目を集めた事件から個人単位の事故まで、大小様々な製造物責任訴訟に関わってきました。また、日本弁護士連合会の推薦の下、ニューヨーク大学に客員研究員として赴任し、日米の製造物責任法理の比較研究に取り組んできました。

弁護士として、真面目に製品安全問題に取り組んでいます。

 

(略歴)

平成13年3月 東京大学法学部卒業

平成17年 弁護士登録

平成19年ー平成21年 能代ひまわり基金法律事務所 所長

平成26年ー平成27年 ニューヨーク大学客員研究員 (日弁連派遣 研究テーマ:製造物責任法)

平成28年5月 アメリカ・イリノイ州弁護士登録

平成28年10月より弁護士法人東京パブリック法律事務所に所属

(執筆等)

「製造物責任における欠陥の主張立証の実務」(H27.12 民事法研究会)

「日米製造物責任法の比較、特に欠陥立証のあり方」(H28.6 自由と正義)

(講演)

「米国における裁判の基本構造と訴訟の対応」(H28.11 NPO法人セフティマネジメント協会)

「製造物責任の現在と未来」(H29.1 としまヤミ金融クレサラ被害対策弁護士ネットワーク)

「PL訴訟における主張立証課題は何か?」(H29.1 東京PL弁護団)

問い合わせフォームよりご相談下さい。

PAGETOP
Copyright © 弁護士による製品事故相談室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.